お葬式

身内だけの小さなお葬式

参加時のマナー

お葬式

家族葬は家族や友人達だけで行う葬儀のことです。家族葬をする場合一般的には公表しないため、故人と本当に親しかった人が葬儀に参加できなくなる場合もあります。できれば家族葬をする前によく話し合って、誰に参加をお願いすべきなのかを決めておくのがベストです。 家族葬は身内だけのこじんまりしたアットホームな葬儀ですが、もしも参加することになった場合は一般的な葬儀と同じように喪服を着用し、弔事に相応しいふるまいをするのがマナーです。いくら親しい間柄でも普段着で行ったりするのはマナー違反となります。家族葬の場合、香典がないケースが多いですが、ある場合もあります。香典の有無、宗派などの基本的な情報は事前に聞いておくことが大切です。

人気の葬儀

昔は葬儀は可能な限り豪華にするものでしたが、いまはできるだけシンプルに、費用を抑えてするのが人気です。不景気、価値観の多様化、高齢化社会、核家族化、地域社会の崩壊など、さまざま理由が重なって葬儀の簡略化が進んでいます。 家族葬も現代人向けの葬儀です。自宅で家族や親族だけで行えば、斎場を借りたり、通夜振る舞いを用意したりする必要がなくなり、葬儀の費用を限りなくカットできます。自分らしさを演出するオリジナリティのある葬儀をしたい人には、音楽葬、海洋葬、樹木葬などが人気です。葬儀の最中に生バンド演奏による音楽を流したり、海や山に遺骨を散骨したりする個性的な葬儀は、従来の慣習に縛られたくない人に最適です。

知識で得をする

葬儀

お葬式の時は家族などは冷静に物事を判断できない状態にあることが多いです。そのため葬儀屋の思うようにプランをたてられて費用がものすごく掛かってしまうことも少なくありません。だからこそ、自分たちでしっかりと把握して進めていくことが大切なのです。

» 読んでみよう

安価な葬儀

葬儀

少子高齢化や核家族化、宗教観念の変化などにより安いお葬式を求める人は増え、終活の一環としても生前手配する人も増えていきます。安いお葬式の特徴はセット料金になっていることや僧侶の派遣や戒名についても安価であることなどです。

» 読んでみよう

必要最低限の格安のお葬式

お葬式会場

今、必要なものだけにしぼったお葬儀が注目を集めています。全国の稼働していない葬儀社を使い、できるかぎりお葬儀を簡素にすることで費用を安くおさえることができるのです。僧侶の手配も行い、あらゆる宗派に対応していて追加料金もないので安心です。

» 読んでみよう